=2/13-16 日韓共同開催:Tapes + 7FOライブ・ツアーのご案内=

Rezzett、The Mail Coif等で活躍するロンドン出身のエレクトロニック/ベース・ミュージック・プロデューサー、Tapesと大阪の電子音楽家、7FO(ななえふおー)のジョイント・ライブ・ツアーを行います。

知り合う以前からお互いの音楽をリスペクトしてきたTapesと7FOは、2018年のTapes来日時、初顔合わせのライブ・セッションで演奏の相性の良さを発見し、それがきっかけとなって2019年9月のベルギー「ミアクスマ・フェスティバル」の出演に発展しました。二人とも大のレゲエ好きであることは良く知られていますが、同フェスで披露したダンスホール・レゲエにニューエイジ〜バレアリック感が絶妙に混ざったエレクトリック・ライブ・セットが大評判で、Resident Advisorでは同フェスのベスト・パフォーマンスに選出。そして、昨年暮れにTapes + 7FO名義のライブ・アルバム『電氣爆発 (Electronic Aura Explosion)』を発表し、ライブ音源の発表自体が珍しいエレクトロニック・ミュージック・シーン(特にダンスホールでは皆無)で話題になっています。一方、Tapesとしては久々の新作「Summer Jam c/w Salavere」が発売間近で、今回、ダブル・レコ発としてTapesと7FOのツアーを日韓共同で開催することになりました。

大阪ではTouch The Skyとエム・レコードが、韓国ではDJ yesyesことパク・ダハムのクルーが、東京編ではお馴染みSoi48パーティーとOMKがバックアップ。いつもよりレゲエ/DUB度高めの内容が予想されますが、男っぽいイメージのダンスホールとはまた違う、音楽好きのダンスホールの楽しさを体験できると思います。真冬のハッピーなパーティーに皆様こぞってご参加下さい。

ツアー日程は2月13日大阪>14, 15日ソウル>16日東京の4日間です。各日程のイベント詳細をは以下をご覧ください。



▼2/13(THU) =大阪編 Osaka=

「EM Records & Touch The Sky present Tapes + 7FO Live 2020」

2月13日(木)
At ソーコア・ファクトリー Socore Factory (https://socorefactory.com/)
住所:大阪府大阪市西区南堀江2-13-26 (MAP HERE)
Start 18:30 Close 24:00
Charge: 2000yen

■Special Live:
Tapes + 7FO

■Guest Live:
Thanart Rasanon aka Pete (from Thailand)
https://www.thanrasa.com/

■DJ:
Bun Bun The DJ
Neko Massive
dj colaboy
Touch The Sky
Koki Emura (EM Records)

■Food:
Buttah

<大阪編公式インフォより転載>
ダンスホール・レゲエとニューエイジ/バレアリック感覚が電氣爆発!
昨年、エム・レコード&タッチ・ザ・スカイのタッグでソーコア・ファクトリーを爆発させたド平日イベント「OMKニュー・ルークトゥン・ツアー」に続き、2020年も平日イベントに挑みます!なんしかあのイカれ野郎、Tapesがソーコアに帰ってくるんだからやらなしゃあない。しかも今回は北大阪が世界に誇るDUBアーティスト、7FOとのジョイントLIVEなんだからタマらない。この日英コンビが、昨年、ベルギーのミアクスマ・フェスで披露したダンスホール・レゲエ・セットがマジ大評判で、Resident Advisorでもベスト・パフォーマンスに選出され、ライブ・アルバム『電氣爆発 (Electronic Aura Explosion)』を発表。Rezzettでの活躍は言わずもがなのTapesは、最新プロジェクトのThe Mail Coifもヤバかったし、紆余曲折を経てのニュー・シングル「Summer Jam」を2月に発表するし、創作テンションは最高。ゲストにはあのカンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞者、アピチャッポン監督も認めたタイのイサーン地方出身のNEW MUSICクリエイター、ピート(タナート・ラサノン)を招聘。ローカル・サポートは我らがBun Bun The DJ、Neko Massive、dj colaboyの安心の方々で、ダンスホールを軸にクロスオーバー展開の予感。踊って、呑んで、ボタのカレー食べて、寒い冬をホットにしちゃいましょー。翌日対策には根性、有給、病欠、ずる休み、疾走など様々なテクを投入しご参加下さい〜。



▼2/14(FRI) =Seoul, Korea Part 1=

2月14日(金)
At CHANNEL 1969
Start 22:00 Close 27:00
Info in 한국: http://smallshowsinseoul.blogspot.com/2020/01/2020214-15-quick-die-w-tapes-7fo-from.html

■Live:
Tapes + 7FO
Mogwaa

■DJ:
Salamanda
Youngmond



▼2/15(SAT) =Seoul, Korea Part 2=

2月15日(土)
At SEENDOSI
Start 20:00 Close 24:00

■Live:
7FO
박지하 (Park Jiha)

■DJ:
Tapes
DJ yesyes



▼2/16 (SUN) =東京編 Tokyo=

「Soi48 Vol.39: Tape + 7FO Special」

2月16日(日)
At BE-WAVE
〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町1-15-9 (MAP HERE)
Start 18:30 Close 24:00
Charge: 2000yen

■Special Live:
Tapes + 7FO

■Guest DJ:
Tapes
江村幸紀 (EM Records)

■DJ:
俚謡山脈
Kunio Teramoto aka Moppy
Koichi Tsutaki

■OMK DJ Crew:
Soi48
Aoki Lucas
Rich & Busy
MOMI (MMP)
sypth (HARVEST.Tokyo)



■Tapesプロフィール
サウス・ロンドン出身の天才イカレ野郎。デジタル・ダンスホールの雄、Jahtariから衝撃のデビューを飾り、カセットテープを演奏・録音ツールに使って音を劣化させ、かつズレまくった演奏手法をもって、画一化していたダンスホール/レゲエ・シーンに風穴を開けたのは記憶に新しい。彼はエレクトロニック・ミュージック全般を視野に入れたバランス感覚に優れ、2015年以後はRezzettのメンバーとして活躍しているのは衆知のところ。その一方で、Tapesとしての活動を模索し続け、紆余曲折を経て7FOとのライブ・アルバム『電氣爆発』(2019)を、そして今回、満を持してフレッシュなソロ・シングル「Summer Jam」を発表する。Tapesの初期の主要クラシック・チューンは1stフル・アルバム『No Broken Hearts on This Factory Floor』で聞ける。新プロジェクト、The Mail Coifも大注目!

Originally Hailing from South London, Tapes made his debut release on esteemed 8-bit digital reggae label Jahtari in 2009 with his “Hissing Theatricals” EP. Soon after, a spate of releases and appearances continued on labels such as Honest Jon’s, Sextags, Astro dynamics and Meeuw Musak until finally releasing the first full album “No Broken Hearts on This Factory Floor” in 2015 on the Osaka based label EM Records.

More recently the multidisciplinary ferric fanatic has been working behind the scenes as a producer, lending his talents to the likes of reissue label: Music from Memory (Caliban “Digital Reggae”) and the Estonian label Porridge Bullet with who’m he worked with on the Super Star and Star releases.

In 2018 Tapes continued to branch away into new realms of sonic exploration, soundtracking the short film “The Clothes Themselves” inspired by the concepts of roboticist turned philosopher Riccardo Manzotti and releasing “Silence Please”: a 4 part composition for Tanpura box, Tabla machine and flute synthesiser on “Good Morning Tapes”. His most recent release is a collaborative excursion with Osaka based musician 7F0: “Live – 電氣爆発 (Electronic Aura Explosion)” is a showcase for the pairs coming live shows and includes performed tapes riddims soothingly guided by 7F0’s lushful guitar playing.

Mixing up dub methods, library music, traditional electronic Indian instruments and all sounds hissing on psychedelics, Tapes has performed a variety live shows and DJ sets shows across the world. 2020 will see Tapes return to the stage alongside both new friends and old, continuing to explore his fascination with with arcane recording aesthetics and vintage digital alike!

■7FOプロフィール
2010年から活動する電子音楽家。数枚の自主リリース、アート展示での環境/効果音等の制作を経て、2016年にニューヨークのRVNG Intl.傘下レーベルからカセットを発表。その後、Bokeh Versionsなど海外レーベルの依頼で作品を発表し、海外アーティスト達から共演依頼が後を絶たない珍しい存在。2018年にエム・レコードからアルバム『竜のぬけがら』をリリース、2019年はミアクスマ・フェスティバルに出演してTapesと共演。スタジオ・アーティストと思われがちな存在だが、ライブの良さにも定評がある。

■Pete (Thanart Rasanon) プロフィール ※大阪編のみ参加
タナート・ラサノン別名ピートは、タイ・イサーン地方「サコンナコーン」をルーツに持つ、バンコク生まれの音楽プロデューサー。
アート、文化、自然、精神、社会的相互作用、政治、最新技術、歴史などに深い関心を寄せる。
2010年にカンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞したApichatpong Weerasethakul(アピチャッポン・ウィーラセタクン)のショートフィルム「Vapour」への音楽提供で釜山映画祭へ参加、2016年にフォーブスが選ぶ「アジアを代表する30歳未満の30人」に選出されたタイのアーティストTada Hengsapkul(タダ・ヘンサップクン)への音楽提供、音楽家・大友良英がアートディレクターを務めた「ASIAN MEETING FESTIVAL 2016」への参加などがある。
2019年8月に、音楽とエッセイのマルチメディアミニアルバム「Memory Journey」をリリース。コーラスでタイ・インディーシーンで活躍する3ピースバンド「Yellow Fang」が参加し、ジャケットアートワークはバンコク・大阪拠点のグラフィックアーティストQOTAROOが手掛けた。
2019年9月より渡米し、ロサンゼルスの非営利ネット・ラジオ〈dublab〉に参加し、マンスリープログラム「M.SEA VIBE」を担当。NYでは、ブルックリン発のレーベル〈RVNG Intl.〉にインターンとして参加している。
2020年より、東南アジアと世界の音楽・アート・デザインをネットワークさせる「Pink Flower」プロジェクトを始動し、NYにて1月末にdublabのサポートでライブイベントを開催する。

https://www.thanrasa.com


10月4日から13日までの10日間、日韓共同でお届けする「OMK <ニュー・ルークトゥン> ツアー」。こちらでは10月8日開催の大阪編をご案内します。

※ツアー全日程はこちら>< http://emrecords.net/omk-juu-tour-oct4-13/ >


Juu & G. JeeとOMKがまた大阪にやってくる!
待望のカムバック大阪パーティーでは、昨年のOMK大阪初登場の際に稼働し、関係者も来場者も驚喜(狂喜)させたあの<Touch The Sky>のサウンドシステムが再び登場🔥🔥🔥あれから研究と実験を重ね確実にヴァージョンアップした<何を流してもヤバくなる>システムで、ヒップホップ、サイヨー、モーラム、ルークトゥン、ポンチャック、K-POP等々のADM(Asian Dance Music)がズシズシ鳴り響くさまを想像せよ!しかも耳は痛くならないという摩訶不思議。地元サポートアクトにはハーコー・ダンスホールMCといえばこの人!BUNBUN the MC、更にあのジュウさんが一目惚れしたという自称<百姓ラッパー>ことブギ丸とでべそのバンドセット・ヒップホップというキラーな組み合わせ。SPゲストDJ には韓国インディー・シーンの最重要人物、DJ yesyesことパク・ダハムを招聘。皆様、たった一日のことです、有給・仮病・大人な言い訳テクを駆使してご友人ご家族ご親族お誘い合わせの上ご参加下さい🔥

「OMK <ニュー・ルークトゥン> ツアー in Osaka」 (Juu & G. Jeeライブ!)

10月8日(火)
At SOCORE FACTORY
https://socorefactory.com/schedule/
START 19:00 CLOSE 23:30
前売予約:¥3000 (D別) (当日: 未定)

協賛:スタジオボイス
(STUDIO VOICE 最新号 vol.415「We all have Art. 次代のアジアへーー明滅する芸術(アーツ)」)

前売予約は以下で受付中!!!!!
(前売り予約は開催日前日までとさせて頂きます)
・ソーコア・ファクトリー予約フォーム>こちらから
・エム・レコード(お名前、人数、電話#をお伝えください):order@emrecords.net

■SPECIAL GUEST LIVE:
Juu & G. Jee (from Thailand)

■LIVE:
BUNBUN the MC
ブギ丸とでべそ

■SPECIAL GUEST DJ:
DJ yesyes (from Korea)

■DJ:
OMK DJ Crew
-Young-G (stillichimiya)
-MMM (スタジオ石/stillichimiya)
-Soi48 (EM Records)

■SOUND:
Touch The Sky Sound System

■FOOD:
ボタ Buttah

=会場にて販売=
OMK<ニュー・ルークトゥン>ツアー記念限定<JUU4E>Tシャツ。フロント・フルカラー大判プリント、オリジナル・ネーム縫い付け。M/L/XL/XXL展開。


=出演者紹介=

■Juu (from Thailand)
バンコクの旧市街ウォンウェンヤイ出身、インディペンデントでDIYな活動を行うミュージシャン、ラスタ、音楽プロデューサー、スケーターで元暴走族。レゲエ・バンド、4E Rastafariのメンバーであり、ダブルミーニングなリリックを特徴とする社会派ラッパー。タイ語、英語、クメール語、日本語、Juu自身が作ったno languageでラップ可能で、ルークトゥン歌手のフロウをラップ化したり、タイの古典文学や詩を引用するセンスは誰も真似できない。Anderson .Paakと共演し、Yellow Fang(日本でも人気のタイのインディー・バンド)やTwopee Southside(タイNo.1のスキルを持つラッパー)といったアーティスト達からジャンルを越えてリスペクトされている。ティーンが熱狂するYoung Bong(タイの2人組ラッパー)はジュウの弟分。タイ本国ではフィジカル・リリース無し、サブスク無しという彼の作品はYouTubeならぬ<JUU Tube>で公開中。「グッチの鞄もコンビニの袋も一緒」「ランボルギーニより自転車がクール」等々口から出てくるのはキラー・フレーズばかり。謙虚で非常に腰が低い好漢。

■G. Jee (from Thailand)
G・ジェーはジュウが目をかける弟子で、ステージではジュウ負けない圧倒的なパフォーマンスをみせる期待のラッパー/シンガー/ソングライター。ジュウの強烈な世界観に日々触れている人ゆえ今後はソロ作品にも期待大。

■BUNBUN the MC
インディー・シーン黎明期の大阪に出現したハードコア・バンド、ZOUOのドラマーとしてデビュー。80年代にジャマイカ音楽に出会いレゲエ、特にダンスホールの虜になる。伝説的な「Club LABRISH」「Bar Relax」のプロデュースを行ってクラブ・シーンを盛り上げながら、アーティストとして一番星クルーをはじめ多数のプロジェクトに参加。フジロック、RAW LIFEなど内外の数々のフェスに招聘され、前線・現場にこだわる筋の通った活動は幅広い世代からリスペクトされる。たくさん顔を持つ彼だが、今回はそのクールな声とキレキレのリリックで評価の高いレゲエDeeJayソロ・アクト、BUNBUN the MCとして登場する。

■ブギ丸とでべそ
ヒップホップクルー【WARAJI】のMCとして知られる【ブギ丸】と、でべそ【ecotional+くらげなす】の奇跡的邂逅。大阪は南船場、うたげやでは様々なジャンルのアーティストがボーダーレスにリンクし新たなアートを発信する場でもあり、【ブギ丸とでべそ】は導かれるようにそこで出会った。土仙人の異名をもち、日々土と向き合い、一般的なヒップホップのイメージとは違うオーガニックな独自のスタイルを持った百姓ラッパー【ブギ丸】と、以前【へそ】というバンドで祭り文化の中で活動を広げていたでべその双方が出会ったとき、野性のフロンティア精神を持った新たな生命体が生まれた。山街をテーマに山の自然と街の賑わいを混ぜ合わせ、メイクマネーじゃない、ループマネー。縁をつなぎ、円をつなぎ、流転する浮き世の中、peaceを核に回転する雪だるまのように同士を巻き込みながら、歓喜の産声をあげブギ丸とでべそはゆく。

2017年頭ごろから準備を進め9月に初ライブを敢行してから約1年余り、ついに、うたげやからファーストEP『UTAGE』をドロップ!

■DJ yes yes (from Seoul)
状況に合わせて好きな音楽をプレイするDJ。仲間とピザパーティー、”及ぼし”、”アジアン・ミュージック・パーティー”などを企画し韓国でアジア音楽を広げることに成功している。
https://www.instagram.com/parkdaham/

■OMK (ワンメコン)
stillichimiyaのYOUNG-G、MMM、DJユニットSoi48を中心にアジアの地下ヒップホップ・シーンからクラブ、ローカルなディスコまで潜入調査し、インターネットの世界ではわからない音楽、危険な現場、ゴシップ、レコード、カルチャーをディグするプロジェクト。SNS上のうわべだけのコマーシャルと異なる”リアルで質の高い”情報は大きな話題を呼び『STUDIO VOICE : Flood of Sounds from Asia-そこで生まれる音楽-』やTBSラジオ「アフター6ジャンクション」で特集されることに。ワンメコン・ミーティング、DJイベントを不定期開催中。

■Young-G (stillichimiya)
山梨県一宮町で生まれたムーブメント”stillichimiya”メンバー。DJ,プロデューサー,サウンドエンジニア‥音に関わる様々な活動を展開。ソロ活動としてDJやビートを提供する傍ら、田我流とカイザーソゼ、おみゆきCHANNEL、IS PAAR BAND等のプロジェクトにも参加。2011年フィリピン、マニラのトンド地区でのHIPHOPワークショップを経てから”アジアで独自の進化を遂げるHIP HOP”をテーマにしたMIX CD「Pan Asia」シリーズ(Vol1,2)を製作。日本で流通、紹介されないアジア圏のHIPHOPアーティストの招聘や普及活動を展開。2017年に公開され、タイ~ラオスで撮影された空族の新作映画『バンコクナイツ』に楽曲提供、録音スタッフとして参加。同映画は海外の映画祭で数々の賞を受賞、国内では毎日新聞映画コンクールの監督賞、音楽賞と言う名誉ある賞に輝いた。タイを中心にラオス、カンボジア、ミャンマー等、メコンの音楽に魅せられおよそ一年にわたり現地で音楽を収集、研究。独自の視点と経験から放たれる音は、リスナーを日常と洗脳から解き、桃源響へと導く。

■MMM(stillichimiya、スタジオ石)
1982 年生まれ。日本大学芸術学部卒業。漫画家を経て、2010 年より「スタジオ石」として、MV 制作、イラスト、デザイン、立体制作など多角的に創作活動を始める。ラップグループ「stillichimiya」のメンバーとして音楽活動もおこなう。脚本、演出、撮影、編集まですべてをこなすMV 作品は、おもにweb 上で公開、注目を集め、ジャンルを超えたアーティストから制作オファーが殺到している。『映画 潜行一千里』は向山が「スタジオ石」として『バンコクナイツ』の撮影を進める傍ら、自らカメラを回し空族の撮影風景の裏側を記録に収めた監督作品である。

■Soi48(Kei’ichi Utsuki & Shinsuke Takagi)
旅行先で出会ったレコード、カセット、CD、VCD、USBなどフォーマットを問わないスタイルで音楽を発掘し発信する2人組DJユニット。空族映画『バンコクナイツ』の制作に参加し毎日映画コンクール音楽賞を受賞。EM Recordsタイ作品の監修、『爆音映画祭タイ|イサーン特集』主催、フジロックや海外でのDJツアー、トークショーやラジオなどでタイ音楽や旅の魅力を伝えている。その活動がNHKのTV番組で特集され話題となった。また、『Soi48』パーティーを新宿・歌舞伎町にて不定期開催中。Brian Shimkovitz (AWESOME TAPES FROM AFRICA)、Zack Bar (FORTUNA RECORDS)からモーラム歌手アンカナーン・クンチャイ、弓神楽ただ一人の後継者、田中律子宮司など個性的なゲストを招いてのパーティーは反響を呼んでおり、英Wire Magazineにも紹介された。著書に『TRIP TO ISAN :旅するタイ・イサーン音楽ディスクガイド』がある。
http://soi48.blogspot.jp/https://www.instagram.com/soi48/

■Touch The Sky
2001年より「Touch The Sky 」というタイトルでイベントを開始。「レゲエやるならサウンドシステムでしょ」 って事でサウンドシステムの製作をスタート。 現在は不定期にイベント「Touch The Sky Sound System」 を開催。 大阪を中心に活動中。


=10月3〜13日開催「OMK<ニュー・ルークトゥン>ツアー」のご案内=

ジュウとG.ジェー激震の傑作1stアルバム『ニュー・ルークトゥン』発表を記念したアジア・ツアーを開催します。題して「OMK<ニュー・ルークトゥン>ツアー」。新旧アジア音楽を現地調査し深くディグるOMK(One Mekong: Young-G, Soi48, MMM)とがっつり組んでのアジアン・ミュージック最前線報告、ライブ/DJ/トークイベントの複合で、踊って遊んでお勉強もしちゃう刺激的な10日間。ネット上ではわからない<いまアジアから生まれる音楽>のリアルを肌で体験!10月はジュウさんの月!

以下、日程順にご案内致します。掲載情報は随時追加致します。



▼10/4(FRI) KOREA =韓国編=

[2019.10.4]
아시안 뮤직 파티
w/ JUU & G.JEE(FROM THAILAND), 하세가와 요헤이, SEESEA, J.E.B


일시: 2019
년 10월 4일(금) 저녁 11시-4시
장소: 채널 1969 (서울특별시 마포구 연남동 227-1, channel1969.com)
입장료: : 20,000원(예매 없이 현매만 가능, 현금/카드 가능)
출연진: JUU & G.JEE(FROM THAILAND), 하세가와 요헤이, SEESEA, J.E.B
문의 : helicopter.seoul@gmail.com

[OCTOBER 4, 2019]
HELICOPTER RECORDS PRESENTS
=ASIAN MUSIC PARTY=
w/ JUU & G.JEE (FROM THAILAND), HASEGAWA YOHEI, SEESEA, J.E.B


DATE: 2019/10/4(FRI) PM 11-AM4
VENUE: CHANNEL 1969 (서울특별시 마포구 연남동 227-1, channel1969.com)
DOOR : 20,000WON
GUESTS: JUU & G.JEE(FROM THAILAND), HASEGAWA YOHEI, SEESEA, J.E.
ANY QUESTION: helicopter.seoul@gmail.com



▼10/6(SUN) =福岡編 @Kieth Flack=

「OMK<ニュー・ルークトゥン>ツアー in FUKUOKA supported by Somtam wanang khaan」

10(ジュウ)月6日(日)
At KIETH FLACK 1,2F
OPEN 20:00
ADV: 2,500yen / DAY: 3,000yen
★同日 舞鶴公園で開催の”天幕渋さ大芸術祭”のリストバンド提示にて1,500yenで入場可能に。(全て+1DRINK ORDER)

■SPECIAL GUEST:
Juu & G. Jee from THAILAND
<ニュー・ルークトゥン>
Young-G, MMM
<stillichimiya / OMK>

■LOCAL ACT:
lee (asano+ryuhei), スポーツガーデンひ, hassi, kiimao tong

■FOOD:
PAVAO, カーネル深夜食堂

■SHOP BOOTH:
OMK, iroiro靖子, HIWEE

■STAFF:
ERROR, さんどろん

■SP DRINK: ビアラオビール、チャンビール

★TICKET & MORE INFO ↓↓
https://t.livepocket.jp/e/omk-newlukthung-tour-fuk106

(LukThung / Molam / HIPHOP / ADM / THAI & ASIA MUSIC)

<キースフラック>
〒810-0073 福岡市中央区舞鶴1-8-28 マジックスクエアビル 1/2F
TEL&FAX 092.762.7733
WEB http://www.kiethflack.net
E-MAIL information@kiethflack.net

=公式案内より転載=
タイのレジェンドラッパー Juu & G. Jee 来福 決定!!
激震の1stアルバム『New Luk Thung』(EM Records より発売) を記念し、10月に韓国〜日本を回る「OMK<ニュー・ルークトゥン>ツアー」を開催!!

OMKメンバーからは、メインプロデュースを担ったYoung-G, リードトラック2曲でラップを披露しているMMMが参戦!公演をサポートするタイ/アジア音楽PARTY”ソムタムワナカーン”メンバーに加え、lee (asano+ryuhei)とスポーツガーデンひ、地元を代表する2人の奇才が華を添えます。熊本からPAVAOも出店の美味しいFOODにビアラオビール、グッズに音源と雑貨の販売も有り!Juuさんを九州で体感出来る又とない貴重な機会、現地の風を感じに是非ご来場下さい!!



▼10/7(MON) =大阪編 Part 1(OMK & JuuはゲストDJ出演のみ)=

「Touch The Sky Sound System」

10(ジュウ)月7日(月)
At Socore Factory
Start 19:00 Close 0:00
Charge: 1500yen

■Live: Amanita with Friends

■DJ:
Okumura
Cabaret
カバタミホ
Irie Mood Crew
Touch The Sky with Original Kose
OMK (Juu, Young-G, MMM)

■Food: ⅰⅲⅲ
■Massage: プラチャン



▼10/8(TUE) =大阪編 Part 2 (Juu & G. Jeeライブ)=

「OMK <ニュー・ルークトゥン> ツアー in Osaka」

10(ジュウ)月8日(火)
At SOCORE FACTORY
START 19:00 CLOSE 23:30
前売予約:¥3000(+D) 当日: 未定

協賛:スタジオボイス

前売予約は以下で受付中!!!!!
(前売り予約は開催日前日までとさせて頂きます)
・ソーコア・ファクトリー予約フォーム>こちらから
・エム・レコード(お名前、人数、電話):order@emrecords.net

■SPECIAL GUEST LIVE:
Juu & G. Jee (from Thailand)

■LIVE:
BUNBUN the MC
ブギ丸とでべそ

■SPECIAL GUEST DJ:
DJ yesyes (from Korea)

■DJ:
OMK DJ Crew
-Young-G (stillichimiya)
-MMM (スタジオ石/stillichimiya)
-Soi48 (EM Records)

■SOUND: Touch The Sky Sound System

■FOOD: ボタ Buttah

Juu & G. JeeとOMKの待望のカムバック大阪ライブは、2017年のOMK関西初登場の際に稼働し、関係者も来場者も驚喜&狂喜させたあの<Touch The Sky>のサウンドシステムが再び登場🔥🔥🔥
あれから研究と実験を重ねて確実にヴァージョンアップしたという噂の<何を流してもヤバくなる>システムで、ヒップホップ、サイヨー、モーラム、ルークトゥン、ポンチャック、K-POP等々のADM(Asian Dance Music)がズシズシ鳴り響くさまを想像せよ!しかも耳は痛くならないという摩訶不思議。地元サポートアクトにはハーコー・ダンスホールMCといえばこの人!BUNBUN the MC、更にあのジュウさんが一目惚れしたという自称<百姓ラッパー>ことブギ丸とでべそのバンドセット・ヒップホップというキラーな組み合わせ。SPゲストDJ には韓国インディー・シーンの最重要人物、DJ yesyesことパク・ダハムを招聘。皆様、たった一日のことです、有給・仮病・大人な言い訳テクを駆使してご友人ご家族ご親族お誘い合わせの上ご参加下さい🔥



▼10/9(WED) =『ニュー・ルークトゥン』関連レクチャー @誠光社(京都)=

テーマ「アジア音楽の過去と現在〜タイ音楽編」

10(ジュウ)月9日(水)
会場:誠光社
〒602-0871 京都市上京区中町通丸太町上ル俵屋町437
https://www.seikosha-books.com/event
開演:19:00
入場料:1500円(+1D)
※ご予約方法 E-mail:s-contact@seikosha-books.com
(参加ご希望日程、お名前、お電話番号をご記載ください)
または店頭、お電話にて承ります。

■出演(トーク・映像・音楽・テキスト):
Soi48(宇都木景一・高木紳介)
江村幸紀(エム・レコード)

近年アジアのインディー・ロック、アジアのヒップホップという言葉をよく目にするようになりました。巨大フェスから小さなライブハウスまで盛んに来日公演が催され、レコード、CDショップでもコーナーが出来て話題を呼んでいます。古いレコードを集める人から最先端の配信音源を聴く人も現れ、SNSやネットメディアで日々新しい情報が行き交っています。
エム・レコードとSoi48は考えます。そもそも<アジアの音楽>とは何でしょうか?日本でアジア音楽は流行っているのでしょうか?シリーズ化予定の本レクチャー「アジア音楽の過去と現在」の初回はタイ音楽を例にひき、実情が見えにくいアジア音楽の過去と現在、リアルな姿を炙り出します。



▼10/10(THU) =『ニュー・ルークトゥン』関連トークイベント @Loft9 (渋谷)=

「ONE MEKONG MEETING VOL.4」

10(ジュウ)月10日(木)
At 渋谷LOFT9
https://www.loft-prj.co.jp/
OPEN 18:30 / START 19:30
情報料前売¥2,000 / 情報料当日¥2,500円(税込・要1オーダー500円以上)

前売券はpeatixにて発売中!!
https://peatix.com/event/1314687

※全席自由席でご入場は前売券の整理番号順となります。

【スペシャルゲスト】
Juu(4ERastafari/OMK)
江村幸紀(EM Records)

【出演】
YOUNG-G(stillichimiya)
MMM(スタジオ石/stillichimiya)
相澤虎之助(空族)
Soi48

=公式案内より転載=
JUU & G.JEE『ニュー・ルークトゥン』の発売を記念してタイからOMK最高顧問JUUを招聘!

 2018年春。東京渋谷LOFT9で開催された謎の会合『ONE MEKONG MEETING』。stillichimiyaのYOUNG-G、MMM、Soi48を中心にアジアの地下ヒップホップ・シーンからローカルなディスコまで潜入調査した男達によるインターネットの世界ではわからない危険な現場、ゴシップ、カルチャーを紹介したこの会合は大きな話題を呼び、雑誌『STUDIO VOICE : Flood of Sounds from Asia-そこで生まれる音楽-』やTBSラジオ「アフター6ジャンクション」で特集されることになった。
 そんなOMK MEETING第4回目は、JUU & G.JEE『ニュー・ルークトゥン』の発売を記念してタイからOMK最高顧問であるJUUをトークゲストに招聘!ルークトゥンとは?、タイ・ヒップホップの歴史とは?、タイ芸能界のゴシップは?、OMKとは?、通訳を通してJUUさんから直接リアルな情報を語っていただきます。
さらにEM RECORDSの江村さん、プロデュース、トラック製作を手がけたYOUNG-Gも交えて『ニュー・ルークトゥン』の製作裏話も公開。
 もちろんOMK調査員による現地直送の新情報も大量放出。自由でリアルな音楽ライフを取り戻すべくOMKメンバーが動画を見ながらアジアのヒップホップ、ダンスミュージック事情、ゴシップを語りまくります!フィジカルはもちろんApple Music、spotifyにも無いアジアのリアルな現場がそこにある・・・。

予定調査報告一例
・JUUさんからルークトゥンを学ぼう。
・JUUさんからタイ・ヒップホップを学ぼう。
・JUUさんからタイ・レゲエを学ぼう。
・JUUさんからタイの詩の世界観を学ぼう。
・JUUさんからタイの暴走族事情を学ぼう。
・JUUさんからタイの○○○○事情を学ぼう。
・タイでナンバーワンの自動車ディーラー。
・88risingの楽曲が遂にタイの学生街で・・・。
・APPLE MUSIC、SPOTIFYはもう古い?! タイに侵食する巨大ビジネス。
・クラブで大活躍、中毒者続出のディズニー・アニメ。
・危険すぎる、東南アジア人気のラッパーの裏稼業。
・BABYMETALともコラボ!恐るべしF.HERO無双の舞台裏。
・バンコク・タピオカ事情最前線。

▼10/11(FRI) =山梨編@甲府 Juju=

10(ジュウ)月11日(金)
At 甲府 Juju
https://www.juju1208.com/
OPEN 21:00 – CLOSE 3:00
エントランス:1500Yen/1D

■SPECIAL GUEST DJ:
JUU aka JUU.F.O

■DJ:
Young-G (stillichimiya/OMK)
MMM (stillichimiya/OMK)
Big Ben (stillichimiya)
Pharaoh
ルーカス青木 (OMK志願兵)

ジュウさんの心の故郷、山梨編は謎の宇宙人DJ、JUU.F.OをSPゲストにした宇宙的DJセッション。地元の有力者・名士達がエスコートする安心の高メコン度OMKパーティーです。通な人ならパーティー前にデリーベイ、パーティー終わりにモグモグパンを食べたいところ。9/27のSoi48パーティー「New Comer Special」が大成功し調子に乗っているルーカスさんの挙動にも注目!



▼10/13(SUN) =東京編 @Be-Wave (新宿)=

「Soi48 Vol.38 Juu & G.Jee『NEW LUK THUNG』」

10(ジュウ)月13(ジュウさん)日(日)
At BE-WAVE(新宿)
http://www.be-wave.co.jp/rental-space/
OPEN : 18:00-24:00
エントランス:2000Yen
※ご来場のお客様はお店にドリンクオーダーください。
※再入場可。出入り自由。

■SPECIAL GUEST LIVE
JUU & G.JEE

■OMK DJ CREW
Young-G (stillichimiya)
MMM (スタジオ石/stillichimiya)
Soi48 (EM RECORDS)
AOKI LUCAS
อ.KHUNCHAI (MMP)
RICH & BUSY

■DJ
俚謡山脈
KUNIO TERAMOTO aka MOPPY
KOICHI TSUTAKI



2019年9月5日から9日まで臨時休業致します。ご注文等への対応・発送は9月10日以降となります。期間中、ご不便をおかけしますがご理解よろしくお願い致します。


■7/24〜29:ASIA BOOK MARKET■
=トークショー=
会場:阪急うめだ本店9F 阪急うめだギャラリー内トークスペース
日時:7月28日(日) PM2:30より(1時間予定)
「タイの音楽”ルークトゥン”について」
ゲスト:江村幸紀(EN Records)
聞き手:中村悠介(IN/SECTS)

・メイン情報こちら:http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/h/gallery_asiabookmarket2019/index.html

・期間内イベント詳細こちら:http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/h/gallery_asiabookmarket2019/page02.html

今年も北加賀屋で開催され盛況だった恒例のIN/SECTSプレゼンツ「ASIA BOOK MARKET」が阪急うめだ本店(9F 阪急うめだギャラリー)で7/24〜29に開催されます。エム・レコードは田辺の名書店、LVDB Booksさんと今回も併設で出店。ほぼ書籍で埋まる中、数少ないCD・レコード販売となります(今回はアジア系〜民謡を中心に持って行きます)。

併催されるトークイベントでエム・レコードの江村も出演します。ライターの中村悠介さん(IN/SECTS)を聞き手に、最近再び注目が集まるタイの音楽「ルークトゥン」について映像・音楽を流しながら1時間ほど話します。「ルークトゥン」は日本の歌謡曲とも不思議な縁をもち、どんな音楽でも吸収しようとするたくましい音楽ですが、独特の<ある決まり事>を持っています。トークの日はちょうど Juu & G. Jee『ニュー・ルークトゥン』発売の翌日で、8月には『スリン・パークシリの仕事:特選ルークトゥン集 1960s-80s』がひかえ、新旧のタイ音楽がリリースされるタイミング。Soi48にOMKを加え現在進行中のタイ音楽シリーズに関わるものとして「ルークトゥン」って何?<ある決まり事>とは?「ニュー」になったルークトゥンって実際どういうこと?…といった疑問に事例を使って説明します。ご予約不要、会場は出入り自由です。みなさま遊びがてら話を聞きにお立ち寄り下さい。

New Luk Thung

(c) SCOOL

吾妻橋ダンスクロッシングとHEADZが共同プロデュースする、三鷹市にあるインディペンデント・スペース<SCOOL>でmmm(ミー・マイ・モー)とTakaoのジョイント・ライブが開催されます。Takaoは昨年、エム・レコードからデビュー・アルバムを発表し説明不要ですが、mmmはエマーソン北村『田舎はいいね』12” e.p.に収録した人気曲「Rock Your Baby」でヴォーカルを担当(この曲がイギリスで話題になって幾つかのいい感じの話に発展しています◎)。エム・レコードとも縁のある方です。Takaoは今回5人編成のバンド・セット(w/ 荒井優作、Cristel Bere、高橋政宏、藤井海渡)でこちらも要注目!

公式ページ:http://scool.jp/event/20190720/

<以下、公式案内より転載>

出演:mmm、Takao
日時:7月20日(土)19:00スタート(オープンはスタートの30分前になります)
料金:予約2,500円 当日2,800円

住所:
〒181-0013
東京都三鷹市下連雀 3-33-6
三京ユニオンビル 5F
(三鷹駅南口・中央通り直進3分、右手にある「おもちゃのふぢや」ビル5階 )

2013年突然の引退後、しばらくの時を経て作られた美しい多重録音アルバム『Safe Mode』をリリースしつつ活動を再開していき、近年はライブの演奏スタイルもクラシックギターの弾き語りだけでなく、エレキギターとエフェクト類を使った弾き語り、ボーカルも入れないシンセ類のみのセットなど、サウンド面の変化も目が離せないmmmと、ポスト・インターネット〜ニューエイジ・リバイバル以降を見据えた才気溢れるアンビエント観を持ち、傑作ファーストアルバム『Stealth』がEM Recordsからフィジカルリリースされ各所で話題になっているものの、SNS上には全く姿を見せないため未だ謎の多いTakaoのツーマンライブを行います。mmmはエレキギター弾き語りとシンセセットを絡ませた演奏、Takaoはずっと挑戦したかったというバンドセットでの演奏と、それぞれ初の試みをして頂きます。
二人の音楽の貴重な出会いをぜひお見逃しなく。

予約方法:
info@scool.jp にてメール予約受付。
※件名「mmm / Takao」本文に「名前」「電話番号」「枚数」をご記入ください。こちらからの返信をもってご予約完了となります(24時間以内に返信します)。定員になり次第受付を締め切らせていただきます。
※予約キャンセルの場合は、お手数おかけしますが、 必ず事前にご一報ください。

お問合せ:SCOOL
メール: info@scool.jp

企画:土屋光(SCOOL / HEADZ)
イラスト:門谷風花


Visible Cloaksと尾島由郎&柴野さつきの話題作『serenitatem』のワールドツアー大阪編でNewtone Records主催のワンマン・コンサートにてエム・レコード江村がDJでサポート参加致します。

公式サイト:https://www.newtone-records.com/event.php?eid=845

(以下、公式案内より)

19/06/08 Saturday

VISIBLE CLOAKS, YOSHIO OJIMA & SATSUKI SHIBANO – serenitatem – World Premiere Live in Japan 2019

モダン・ニューエイジ、電子音楽シーンで重要な役割を果たしてきたVISIBLE CLOAKSが、細野晴臣、清水靖晃の海外からの再発見以降、日本の環境音楽の発掘の中で再評価され注目されてき先駆者、尾島由郎と、柴野さつきの二人にラブコールして制作された共同アルバム「serenitatem」。〈RVNG INTL.〉のコラボレーション・シリーズ「FRKWYS」 でリリースされた現代アンビエント、電子音楽の最高峰「serenitatem」を産み出した4人によるスペシャル・コンサートが実現します。

2019/6/8(SAT)
会場 CONPASS
https://www.conpass.jp/7833.html
開場 19:00
前売り 4200円
当日 4900円
*限定人数に達し次第締め切らせていただきます。

前売り取り扱い

Livepocket:
https://t.livepocket.jp/e/2vjo-

イープラス
https://eplus.jp/sf/detail/2958290001-P0030001P021001?P6=001

会員登録の必要のないクレジットカード払いでも前売り購入いただけます。


ロンドンからToruさんを招いて開催される大阪カリフラワーのDJパーティーAcid Punch 2で、エム・レコード江村が久々にDJさせて頂きます。フライヤーはあのWill Bankheadのデザイン。
(Special thanks to Hiroshi from Riddim Chango Records)

https://www.residentadvisor.net/events/1263992

(以下、公式案内より)

=Acid Punch 2=

1st of June, 2019
23:00 – 05:00
@ Bar Cauliflower
2-8-33 Nishishinsaibashi, Chuo-ku, Osaka, Japan
Door ¥1500

Line up:
Toru (from London)
Koki Emura (EM Records)
Aspara
Torei
Hiroshi

Toru is back in Osaka city after tearing the roof down at club Stomp last autumn!
“Acid Punch 2” features not only the legend from London, but also rising House/Techno talent DJ Aspara and the owner of world-renowned experimental label EM Records, Koki Emura, up and coming young DJ Torei and Hiroshi who runs forward thinking soundsystem music label Riddim Chango.

These border crossing line-ups come together to Osaka local’s favorite music venue Bar Cauliflower. Good vibes guaranteed. This is a part of Toru’s Japan tour 2019 starts with“Joyride” at Shinjuku Open run by Lil Mofo and Changsie.

Will Bankhead ( Trilogy Tapes ) designed flyer and limited T-shirt which will be sold only on that night. Do not miss it!

昨年の日本ツアーでも各地に衝撃を与えたToruの日本ツアーの大阪場所がBarカリフラワーにて6/1(土)に開催される。Toru以外にも、Changsieと東京大阪両方でB2Bイベントでも注目を集める気鋭のDJ Asparaや大阪が世界に誇るEM Records主催のKoki Emura、京都から全国で活躍する若手筆頭株のTorei、Riddim Chango Recordsを運営するHiroshiが参加。ジャンル無差別のラインナップの中、前回はジャングルやハードコアのホワイト盤で大阪を沸かしたToruが今回はどんなセットをするのかも大注目だ。

フライヤーデザインはToruの盟友であるWill Bankhead(Trilogy Tapes)が担当、同デザインを使用した数量のTシャツも会場限定で発売される。

Toruの日本ツアーは、5/31(金)新宿Openで開催されるJoyrideでスタートする。


7FO(ななえふおー)が岡山で始めてライブします。リリース作品主導の人と思われがちですが実はライブにも定評があります。皆さん、お楽しみにお越し下さい。内外で好評頂いている『竜のぬけがら』CDとLPも当日会場にて販売予定です。(SPECIAL THANKS: TAKASHI OKADA/THE NOUP)

5/25(sat) @ 岡山CRAZYMAMA STUDIO

THE NOUP presents NOUP PARADE!

7FO『竜のぬけがら』release party

Open/Start 19:30/20:00

LIVE:
7FO
jugz
THE NOUP

DJ:
黒田秀徳(GREENHOUSE)
TAA
SHIZKA


大阪を拠点にローカル・カルチャー雑誌『IN / SECTS』を発行するLLCインセクツ主催のマーケットイベントにエム・レコードとして初参加します(※LVDB Booksさんと同テーブルです)。アジア各国から興味深い出店+日本からは個人店も沢山出店されます。会場はおなじみ名村造船所跡地。ライブなどイベントも大注目です。気候も良い頃合いの時期、皆さん、こぞってご来場下さい!

2019.5.25(sat)12:00-20:00 – 5.26(sun)11:00-18:00
場所:名村造船所跡地/クリエイティブセンター大阪(CCO)

本当に出店多数です。詳細は以下の公式サイトでご確認ください。

https://kitakagayaflea.jp/


« Older entries