9月 2018

You are currently browsing the monthly archive for 9月 2018.

=Tapesと7FO東名阪ジョイント・ツアーのご案内=

3年の空白を経てあのイカれ野郎がまたやってくる!今回はTapesが大ファンと公言する大阪の天然才能、7FO(ななえふおー)とのジョイント・ツアー。名古屋の<テレビ塔>で行われる噂の超ヤバいイベント「Dark Room Bar」を皮切りに、大人気Soi48チームが待ち構えるおなじみBE-WAVE(新宿)でのパーティー、シメはSocore Factory(大阪)での2days!No.1サウンドシステム「Touch the Sky」が仕切る、地鳴りを起こすハードコア・ダンスホール・セッションの初日、そして翌日はそのサウンドシステムを設置したままOMKチーム (Young-G, MMM, Soi48)とヨーロッパ帰りのYPYを迎えての、何が起こるか予測不能な爆音バトルロイヤル。アジアとヨーロッパの最旬・最先端の音がクラッシュするこのツアーを絶対お見逃しなく!

※Tapesと7FOのバイオは末尾に掲載しています。

以下、日程順にご案内致します。掲載情報は随時追加致します。


▼10/13(SAT) =名古屋編=

unlike. presents「Dark Room Bar 006」-FINAL-

2018年10月13日(土)
会場:名古屋テレビ塔2F
時間:OPEN 17:00 END 22:00
入場料:ADV¥1500(+1D¥500) / Door¥2,000(+1D¥500)
出演者:
LIVE – Tapes, 7FO、Albino Sound、CVN、SHIBAMASA
DJ – SAV
Photo instructors: Kazumi Hayashi & Yoshihito Sato
出店:Rose Bar

企画主催:unlike-shop.com

イベント情報:http://liverary-mag.com/music/70826.html

お問い合わせ:info.darkroombar@gmail.com または unlike.402@gmail.com
公式ウェブサイト:https://www.instagram.com/dark_room_bar/


▼10/14(SUN) =東京編=

「SOI48 VOL.30 TAPES+7FO SPECIAL」

2018年秋のSoi48パーティーに一発目はカセットテープとリズムボックス、カシオトーンを武器に新感覚のベース・ミュージックを制作するロンドンの若き才能TAPESを招聘。DJ SotofettとのコラボレーションやHonest Jonsからのリリースなどダブと最先端クラブ・ミュージックを繋げるパイオニア的存在でカセット・テープを使用したライブはとにかくヤバイの一言。さ・ら・に・現在最も注目されているレーベルBokeh Versions、RVNGからのリリースで話題の日本人トラックメイカー7FOもゲスト参戦!アンビエント~ニューエイジなシンセ・エレクトロニクスを天然のエスニックさでダブ~レゲエっぽく処理する技はまさに2018年旬のサウンドで必見。
TV出演で話題沸騰の俚謡山脈、OMK活動で新たなディグをスタートさせたSoi48もスペシャルなセットを用意しています。Soi48パーティーでしか体験できないスペシャルな一夜。皆様ご見逃しなく!

SOI48 VOL.30 TAPES+7FO
10月14日(日) 新宿 BE-WAVE
http://www.be-wave.co.jp/rental-space/
OPEN : 18:00-24:00

エントランス :
2,000YEN

※ご来場のお客様はお店にドリンクオーダーください。
※再入場可。出入り自由。

■SPECIAL GUEST LIVE
TAPES (Jahtari/EM Records)
7FO (Bokeh Versions/RVNG/EM Records)

■DJ
俚謡山脈
KUNIO TERAMOTO aka MOPPY
KOICHI TSUTAKI
Soi48 (EM RECORDS/OMK)

Soi48(KEIICHI UTSUKI & SHINSUKE TAKAGI)
旅行先で出会ったレコード、カセット、CD、VCD、USBなどフォーマットを問わないスタイルで音楽発掘し、再発する2人組DJユニット。空族の新作映画『バンコクナイツ』にDJとして参加、EM Recordから発売されているタイ音楽作品の監修も手がけている。タイ音楽と旅についての書籍「TRIP TO ISAN :旅するタイ・イサーン音楽ディスクガイド」好評発売中。
http://soi48.blogspot.jp/
https://www.instagram.com/soi48/

■Soi48パーティーとは?
DJユニットSoi48がオーガナイズを担当。同名で新宿歌舞伎町にて不定期開催しているパーティー。元々はタイ音楽を爆音でDJプレイして踊りたいというコンセプトではじまったが、旅行先で出会ったレコード、カセット、CD、VCD、USBが増えるにつれ、アジア、中東、アフリカ、日本とプレイする音楽のエリアが拡大。Brian Shimkovitz (AWESOME TAPES FROM AFRICA)、Zack Bar (FORTUNA RECORDS)からモーラム歌手アンカナーン・クンチャイ、弓神楽ただ一人の後継者、田中律子宮司、タイ人ラッパーJUUなど個性的なゲストを招いてのパーティーは大きな反響を呼び英Wire Magazineにも紹介された。

詳細はこちら:http://soi48.blogspot.com/


▼10/15(MON) =大阪編 Part 1=

「Touch The Sky Sound System meets Tapes」

At Socore Factory
Start 19:00 Close 0:00
Charge: 2000yen (excluding drink)

Special Guest Live: Tapes (from UK)

Guest Live: Soul Fire

Guest DJ: Pirates Choice (Drum&Bass Records/Rock A Shacka), Okumura(Caliente)、カバタミホ

DJ: Touch The Sky with Sound System



▼10/15(MON) =大阪編 Part 2 関連トークイベント(10/16との通し券あり)=

「ONE MEKONG MEETING IN OSAKA」

日付:2018/10/15(日)
場所:LOFTプラスワンWEST  http://www.loft-prj.co.jp/west/
時間:OPEN 18:30 / START 19:30
情報料前売り ¥2,300 / 情報料当日 ¥2,800 / 翌日10月16日Socore Factoryで開催されるイベントとの通し券 ¥4,500(飲食代別)※要1オーダー¥500以上

※来場者には、門外不出!アジアのヒップホップ動画のリンクが記載されたONE MEKONG MAPを限定配布!
前売券はイープラス、ロフトプラスワンウエスト店頭&電話予約にて発売開始!
ロフトプラスワンウエスト電話→0662115592(16~24時)
※ご入場はプレイガイド整理番号順→ロフトプラスワンウエスト店頭&電話予約→当日の順となります。

【出演】
YOUNG-G(stillichimiya)
MMM(スタジオ石/stillichimiya)
Soi48
【司会】
dj colaboy (HOMESICK)

2018年春。東京渋谷LOFT9で開催された謎の会合『ONE MEKONG MEETING』。stillichimiyaのYOUNG-G、MMMを中心にアジアの地下ヒップホップ・シーンからローカルなディスコまで潜入調査した男達によるインターネットの世界ではわからない危険な現場、ゴシップ、カルチャーを紹介したこの会合は大きな話題を呼び、9月20日発売の雑誌『STUDIO VOICE : Flood of Sounds from Asia-そこで生まれる音楽-』で特集されることになった。
今回雑誌の発売を記念して大阪で初会合を開催決定!Higher Brothers、Rich Brian・・・近年88risingの登場により全世界的に注目を浴びるアジアのヒップホップ。幸か不幸かYouTubeやインターネットで気軽に音楽を楽しめるが故に、SNS上のうわべだけのコマーシャル情報ばかりが目立ち本質が見えてこない事がしばしば。今回OMKメンバーが動画を見ながらリアルなアジアのヒップホップ、ダンスミュージック事情、ゴシップを語りまくります!フィジカルはもちろんApple Music、spotifyにも無いアジアのリアルな現場がそこにある・・・。

予定調査報告一例 (大阪):
・誰もが憧れる88risingに喧嘩を売ったアジア人ラッパー
・YouTube再生1億回を越すガン○ャ・チューン
・場末の居酒屋から高級ショッピング・モールまでヘビー・プレイ!貧富の差を超えた奇跡の大ヒット・チューン
・客の動きを止め、時間の概念を変えたスターDJ
・メコン一帯に国境を超えて広がったサラワンの謎
・フィジカル・リリース0枚、知っているのは地元の若者だけ。アジアに眠る世界屈指の高速早口ラッパー
・東南アジアに広がるTRAPシーンにX JAPANの影響が!
・理解できるのは宇宙人だけ。誰も理解できない言語を操る国境を超えたラッパー。
・最近東南アジアで山下達郎が流行っている?!いや、もっと流行っているのはこの日本人GS歌手だ。
・タイの最先端ストリート・ファッション事情。
・JoeyBoyが100万本カセットを売ることができた理由。


▼10/16(TUE) =大阪編 Part 2= TOUR FINAL!

「Tapes + 7FO meet OMK」

10月16日(火)
At SOCORE FACTORY
OPEN 19:00 CLOSE 24:00
前売予約:¥2800 (D別) 当日券:¥3300 (D別)
※10.15 LOFTプラスワンWEST トークイベント通し券:¥4500 (D別)

■LIVE
Tapes (Jahtari/EM Records)
7FO (Bokeh Versions/RVNG/EM Records)
YPY (EM Records)

■DJ
OMK (One Mekong):
Soi48
Young-G (stillichimiya)
MMM (スタジオ石/stillichimiya)

OPAL7(Kuroi Black)

■Sound System
Touch The Sky

■FOOD
タムタムカフェ

http://socorefactory.com/
http://emrecords.net/



Tapesとは?
サウス・ロンドン出身で現リスボン在住の天才イカレ野郎。デジタル・ダンスホールの雄、Jahtariから衝撃のデビューを飾り、カセットテープを演奏・録音ツールに使ってあえて音質をボロボロに劣化させ、かつズレまくった演奏手法をもって、画一化していたダンスホール・シーンに風穴を開けたのは記憶に新しいところ。彼はエレクトロニック・ミュージック全般を視野に入れたバランス感覚に優れ、この数年は主にテクノ系の人気ユニット、Rezetteの一員として活躍。テープスとしては最近インディアン・ラーガのトラックを制作しわけがわからないが、今回の来日でもいったい何が飛び出してくるのか期待大だ。Tapesの主要作品は1stフル・アルバム『No Broken Hearts on This Factory’s Floor』[EM Records/Corner Stone Music, CD & 2LP]で要チェック!

Tapes, originally Hailing from South London, made his debut release on esteemed 8-bit digital reggae label “Jahtari” in 2009 with his “Hissing Theatricals EP. Soon after, a spate of releases and appearances continued on labels such as Honest Jons, Sextags, Astro:dynamics and Meeuw Musak until finally releasing an Album (“No broken hearts on this factory floor”) in 2015 on the Osaka based label EM Music. More recently, the now 30 year old ferric fanatic has been working behind the scenes as a producer, lending his talents to the likes of reissue label: Music from Memory and the Estonian label “Porridge Bullet” whilst also exploring his interests in text based flyer art! Mixing up Dub aesthetics, Library music, Traditional electronic Indian instruments and all sounds Psychedelic, the elusive producer performed a variety live “cassette set” shows across the world until recently rediscovering his love for Djing records. Now currently based in Lisbon and with new music in the pipeline, Tapes continues his passion for exploring the many facets of bass music!


7FO(ななえふおー)とは?
2010年から活動する電子音楽家。数枚の自主リリース、アート展示での環境/効果音等の制作を経て、2016年にニューヨークのRVNG Intl.傘下レーベルからカセット・アルバムを発表。続いて今最も注目のBokeh Versionsなど海外レーベルの依頼で作品を発表し、主にハイエンドなアーティスト達から絶対的な評価を受ける。その動向に熱い注目が集まる中、2018年9月にエム・レコードから新作アルバム『竜のぬけがら』[EM1178CD/LP/digital]をリリース。ライブが稀なアーティストだけに、今回の演奏は見逃せない。(先日のWWW-XでのLaraajiとのライブは絶品!との評価)


Young-G (stillichimiya)
山梨県一宮町で生まれたムーブメント”stillichimiya”メンバー。DJ,プロデューサー,サウンドエンジニア‥音に関わる様々な活動を展開。ソロ活動としてDJやビートを提供する傍ら、田我流とカイザーソゼ、おみゆきCHANNEL、IS PAAR BAND等のプロジェクトにも参加。2011年フィリピン、マニラのトンド地区でのHIPHOPワークショップを経てから”アジアで独自の進化を遂げるHIP HOP”をテーマにしたMIX CD「Pan Asia」シリーズ(Vol1,2)を製作。日本で流通、紹介されないアジア圏のHIPHOPアーティストの招聘や普及活動を展開。2017年に公開され、タイ~ラオスで撮影された空族の新作映画『バンコクナイツ』に楽曲提供、録音スタッフとして参加。同映画は海外の映画祭で数々の賞を受賞、国内では毎日新聞映画コンクールの監督賞、音楽賞と言う名誉ある賞に輝いた。タイを中心にラオス、カンボジア、ミャンマー等、メコンの音楽に魅せられおよそ一年にわたり現地で音楽を収集、研究。独自の視点と経験から放たれる音は、リスナーを日常と洗脳から解き、桃源響へと導く。


Soi48(KEIICHI UTSUKI & SHINSUKE TAKAGI)
旅行先で出会ったレコード、カセット、CD、VCD、USBなどフォーマットを問わないスタイルで音楽発掘し、再発する2人組DJユニット。空族の新作映画『バンコクナイツ』にスタッフとして参加し毎日映画コンクールにて音楽賞を受賞。EM Recordsタイ作品の監修、『爆音映画祭タイ|イサーン特集』主催、フジロックや海外でのDJツアー、トークショーやラジオなどでタイ音楽や旅の魅力を伝えている。その活動の様子はNHKのTV番組にも取り上げられ大きな話題となった。『Soi48』というパーティーを新宿歌舞伎町にて不定期開催中。
Brian Shimkovitz(AWESOME TAPES FROM AFRICA)、Zack Bar(FORTUNA RECORDS)からモーラム歌手アンカナーン・クンチャイ、弓神楽ただ一人の後継者、田中律子宮司など個性的なゲストを招いてのパーティーは大きな反響を呼び英Wire Magazineにも紹介された。著書、タイ音楽と旅についての書籍「TRIP TO ISAN :旅するタイ・イサーン音楽ディスクガイド」好評発売中。


■参考サウンドリンク

Tapes – Ticker Tape
https://www.youtube.com/watch?v=XM00uDdRFcw

Tapes Meets The Drums Of Wareika Hill Sounds – Datura Mystic
https://www.youtube.com/watch?v=STdBh6lrGKc

7FO 泡 Hou (official)
https://www.youtube.com/watch?v=sCCwnjk0Wqw

7FO [ 竜のぬけがら ]
https://emrecords.bandcamp.com/album/ryu-no-nukegara

JUU – อารมณ์ต่ำ (Bass down)
https://www.youtube.com/watch?v=MLKOTCZBbAg

YBg – ให้โอกาส (Official Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=fMtN60SliAs

SOI48 NTS RADIO MIX 30th July 2018
https://www.mixcloud.com/NTSRadio/soi48-30th-july-2018/



『IN/SECTS』最新Vol.10「“私たちのアジア”特集号」の記念トーク・イベントにエム・レコードとして出演し音楽部門を担当させて頂くことになりました。出番はPM5:10からです。あのような副題になっていますが、当日は現代各国アジアのポップ・チューンをなるべく沢山プレイして、楽しい土曜の午後にしたいと思います。どうかお気軽にお越しください。聞き手は中村悠介さんです。※当日はアジアンフードが出ますので、お腹空かしていらしてください!


=以下、公式インフォより転載=

http://www.insec2.com/news/4491.html

● 2018.9.15(土)
IN/SECTS VOL.10 RELEASE PARTY

「 私たちのアジア(大阪編)

小誌『IN/SECTS』“私たちのアジア”特集号の発刊を記念しパーティを大阪・堺筋本町にあるHOPKENにて開催いたします。会場では、小誌主催の『KITAKAGAYA FLEA 2018 SPRING & ASIA BOOK MARKET』に参加いただいた大阪の飲食店、および、今号に協力いただいた方々をゲストに迎えるトークショーを行います。また『KITAKAGAYA FLEA & ASIA BOOK MARKET』の模様を収めた映像を上映。最新号の購入特典グッズ等もご用意しています。ぜひともお誘い合わせの上、ご参加くださいませ。みなさまとお会いできるのを楽しみにしております。

時 間:14:00~19:00
会 場:HOPKEN
大阪市中央区北久宝寺町2-5-15
料 金:一般 2,000円 1ドリンク別途要
学生 1,000円 1ドリンク別途要
*カチャロンカによるアジア料理3種の振る舞いもあり(※無くなり次第終了いたします)


●トーク 14:30〜
「あんなアジア こんなアジア(IN/SECTS編集部編)」

Vol.10の中で私たちは、さまざまな個人の目線から見えてくる「あんなアジア こんなアジア」を紹介しています。彼らのフィルターを通したアジアに触れるたび、実際にその雰囲気を味わってみたい!と思い立ち、編集部は香港〜韓国へ。その体験をもとに、このトークでは編集部員による「あんなアジア こんなアジア」をお伝えいたします。どうぞお楽しみに〜。

●トーク 15:10〜
「赤鹿麻耶のハルビン」
  ゲスト:赤鹿麻耶写真家
今号の『IN/SECTS』巻頭で中国・ハルビンで撮影した写真を提供してくれた大阪の写真家・赤鹿麻耶さん。台湾〜中国など、これまで数々のアジアをぴょんぴょんと捉えてきた彼女の目にハルビンはどう写ったのか? いわく“氷の国”だそう。会場では写真とともに、知られざるこの街の魅力を赤鹿流に語ります!

赤鹿麻耶 Maya Akashika:
写真家。2008年、関西大学中国語中国文学科東アジア映像文化論専攻卒業。キヤノン写真新世紀 2011グランプリ受賞(椹木野衣選)。大阪市在住。1985年生まれ。http://akashikamaya.com/


●トーク
 16:10〜
「アジアのグラフィックデザインの現在」
  ゲスト:後藤哲也OOO Projects

『IN/SECTS』今号の誌面では、東アジアを中心に海を越えたデザイナー同士のつながりや仕事振りを紹介してくれた後藤さん。過去には自身がキュレーターを務めた展覧会も開催し、東アジアにおける密な関係性を紹介されています。そんな後藤さんにアジアのグラフィックデザインの特徴、考え方、国ごとの違いなど様々なことを聞いてみたいと思います。

後藤哲也 Tetsuya Goto:
OOO Projectsディレクター。近畿大学文芸学部専任講師。大阪芸術大学デザイン学科非常勤講師。主にグラフィックデザイン周辺の実践と研究を行っている。グラフィックデザイン誌『アイデア』での連載「Yellow Pages」など、アジアのグラフィックデザインシーンの紹介も積極的に行っている。最近の活動に、香港のデザインスタジオMilkxhakeとのコラボレーションプロジェクトMobile Talkがある。

●トーク 17:10〜
「エム・レコードのアジア音楽」
ゲスト:江村幸紀エム・レコード

今年で設立20年を迎えた大阪発のミュージック・レーベル、エム・レコード。その運営者、江村さんがとっておきのアジア音楽をご紹介。ここ数年、タイ・イサーン地方の音楽や日本の民謡など、独自の耳でキャッチ&リリースしてきたエムな“アジア”にぜひ面食らってください!

江村幸紀 Koki Emura:
音楽プロデューサー、デザイナー、文筆家。RVNG Intl.やHonest Jon’sのオーナーを含め世界中にファンを持つ音楽探求型レーベル、エム・レコードを運営。http://emrecords.net

●トーク 18:10〜
「私が食した身近な素食〜ヘルシー台湾料理」
  ゲスト:寺脇永子ダイヤメゾン 店主/雑貨担当)

今号で紹介した台湾の食文化・素食。それは菜食主義のこと、だけれどいわゆるベジタリアンは少し違う。見た目はお肉の形をしているけれど野菜からできていたり、魚の切り身も野菜で再現されていたり、さらに最近では形にこだわらないものまで。それらは健康や宗教的な信条のため、のみならず幅広く一般化しているのだそう。ここでは寺脇さんがこれまで現地で食べたヘルシーで美味しい台湾料理について、お店の紹介も交えてお聞きします。

寺脇永子 Eiko Terawaki:
ダイヤメゾン店主/雑貨担当。大阪南堀江の日吉公園前のビル2Fにあるダイヤメゾン。ダイヤ印のアルミ製品を取り入れた、やさしい暮らしを考えるお店で、食堂&カフェ、アルミ生活雑貨&小さなギャラリーを運営している。

主 催:LLC インセクツ