4月 2018

You are currently browsing the monthly archive for 4月 2018.

「竹内勉『日本民謡辞典』出版記念パーティと偲ぶ会」(司会:俚謡山脈)のご案内


Boidマガジンで開始早々反響となっている俚謡山脈の連載【俚謡山脈の民謡を訪ねて】の第0回で熱く語られている「竹内勉」という存在があります。boid-mag.publishers.fm/article/17619/
この竹内勉のライフワークであった『日本民謡辞典』が遂に刊行されることになり、出版記念を兼ねて故人を偲ぶ会が開催されます。語弊を恐れず言うと、在野であることに終生こだわった竹内勉と、俚謡山脈/Soi48/エム・レコード(そして僕らの友人達)には通じるところが大で、その信条・活動には親密な感情を抱かずにはいられません。今回は関係者の内輪な会合になりがちなところを、主催者様の厚意と熱意で一般参加も募り、一人でも多くの方にご来場して頂きたいという願いを込めたカジュアルな会になります。しかも光栄なことに、司会は我らが俚謡山脈です!こんな機会は二度あるとは思えませんので、皆さん、5/13は予定をあけて、今すぐ予約を入れて下さい!


(以下公式情報より転載)

=竹内勉「日本民謡辞典」出版記念パーティと偲ぶ会=

■5/13(日)13時開場14時スタート(2時間予定)
■場所:池袋メトロポリタン東京2F 曙の間&夕鶴の間
■一般参加費:3,000円 (竹内勉ラジオ音源MIXを参加者全員にプレゼント)
■参加方法:riyomountains@gmail.comまでメール件名「偲ぶ会参加希望」で参加される方のお名前を添えてメールをお送りください。

※当日は平服でお越しください
※一般参加の方へのお食事のご用意はありません。予めご了承ください。
※一般参加のお客様は夕鶴の間に一旦ご入場頂きます。民謡披露が始まる時間になりましたら曙の間にご案内致します。

「民謡の守門者」を自負し、日本人の生活と結びついた唄を自らの足で全国を廻って収集した竹内勉がライフワークとして取り組んでいた「日本民謡辞典(全三巻)」が、死後3年を経て遂に刊行されることを祝うと共に、故人の残した大いなる足跡をみんなで偲ぶ会を開きます。当初は生前故人と交流があった民謡関係者だけを招いたパーティーを考えていましたが、我々俚謡山脈が縁あって司会を頼まれました。そこで、折角ですので「少しでも民謡に興味がある人々」「竹内勉のファン」含めた一般参加を募ります!

当日は、故人ゆかりの保存会や民謡歌手の方々と共に、「民謡に生きた」竹内勉のことを偲びましょう。是非お気軽にご参加ください。

■民謡披露(予定)■
新保広大寺節 新潟県十日町市新保広大寺保存会
越中おわら節 越中八尾おわら道場
津軽手踊り  陸奥の家喜美栄
音戸の舟唄  音戸の舟唄保存会

■物販コーナー(夕鶴の間)■
「日本民謡辞典」先行予約受付
竹内勉の民謡著作デッドストック販売(数に限りがありますので予めご了承ください。)

司会:俚謡山脈

http://soi48.blogspot.jp/2018/04/513.html